大丈夫やで(2) ばあちゃん助産師の産後と育児のはなし 坂本フジヱ

育児書

今日は本のご紹介。

次男が生まれてからの1年間、私にとって、子育てがもっとも辛かった時期でした。

二人目が生まれると、子育てアルアルらしいのですが、「上の子がかわいくない」症状に結構陥っていて。
長男も、赤ちゃん返りやら、ちょうど3歳のイヤイヤ期も重なって、とてもややこしい状態でした😭

その頃に、心を和ませてくれたのが、
「大丈夫やで(2) ばあちゃん助産師の産後と育児のはなし 坂本フジヱ」

大丈夫やで(2) ばあちゃん助産師の産後と育児のはなし [ 坂本フジヱ ]

価格:1,540円
(2019/11/22 13:45時点)
感想(11件)

本屋でたまたま見かけて、その頃、いつも子供にトゲトゲしている自分がイヤで、すがる思いで買った覚えがあります。

おばあちゃん助産師の、大らかであったかい言葉が綴られています。

夫婦が仲良くすることも、子供にとってとても大事とか、、、

最近、主人のことなんて気にもとめていなかったので、ちょっと反省です😓

少し子供が大きくなって、久々に読み返すと、また違った視点で読めます。

「勉強しなさい」だけ言われて育った子は、自分の存在価値を見出せないの。このままでは大人になっても「ほんまもんの人間」にはなれん。  〜本書より

うーーーん、最近、長男を勉強させることに必死になっていたので、耳が痛い😲

子育ての原点になる考え方が沢山書かれています。

子供の日々の細かいことに悩むことに疲れた時にぜひ読んでほしいです。

今読み返しても、ちょっと涙が出そうになりました。

そしてもっと大らかに子供を見てあげてもいいなーと、気持ちがラクになります。

 

トゲトゲした気持ちの時には、息子たちが書いてくれた手紙を読み返したり、子供の作品を眺めたりするんですが、子供の作品ってどんどん溜まりますよね。

これってもう捨てていいんじゃ?!ってモノでも、一生懸命作ったんだから、捨てるのもなぁ、って躊躇して、男子二人分、溜まる溜まるw

なので、作品を写真でとって残すのがやっぱりいいのかなーと、いろいろ調べていたところ、こんなのをみつけました。

キッズコレッチオ

これは、、、子供の作品がデニムバックやぬいぐるみになるとか、めっちゃかわいい❤️
これはアリですねー。
今は作品を残すオシャレな方法が色々ありますね♪

 

ランキング参加してます。クリックしていただけると嬉しいです😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました